FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース第542話「やがて語られるもう一つの事件」 感想 

カテゴリ:ジャンプ

542
第542話「やがて語られるもう一つの事件」の詳細&感想


※コミックス派の方はネタバレを含むので注意

続きを読むから
542話“やがて語られるもう一つの事件”
扉絵:カルー

――エース護送船
オニグモ「インペルダウンで今かつてない程の囚人たちの暴動が起きているそうだ…!!」
     「主犯は…モンキー・D・ルフィ…」
     「よく見ておけ……“最後の空”…」
     「処刑台の上で枷を嵌められたらもう二度と空は仰げない…」

542-1


     「こちらオニグモ マリンフォード開門の準備を」



―――マリンフォード“海軍本部”
海兵「センゴク元帥!!」
センゴク「どうだった!!」
海兵「ハァ…ハァ…やはりどこにもいません!!」
   「エース処刑まであと5時間強!!」
   「いつ“白ひげ”が現れるやも知れぬ最も危険な時間に入っているというのに!!」
   「島のどこを探しても王下七武海“黒ひげ”の姿がありませんっ!!」
海兵「それと別件ですが…!!」
   「出航許可のない軍艦が一隻…インペルダウンに今!!着港したと…!!!」
   「…いやまさかとは思うんですが…!!」


―――インペルダウン正面入口
看守「お…!!お待ち願います!!」
   「援軍の要請は出していませんし!!」
   「現在非常事態につき責任を負いかねます」
   「今本部に確認を入れている所で!!!」
   「監獄には」
   「え!?」
   「うわああアアア~~~!!!」

542-2


ティーチ「遠慮すんじゃねェよ…おれァ政府側の人間だぜェ」
ジーザス・バージェス「ウォー陰気な場所だな!!ウィーハッハ~~!!!」
ティーチ「ゼハハハハ」
看守「報告!!“黒ひげ”の乗ってきた軍艦の海兵が全滅しています!!」
看守「待て貴様ら!!」
ティーチ「“解放”!!!」
看守「侵入者です!!!」
   「“王下七武海”マーシャル・D・ティーチ “黒ひげ”とその一味!!!」
   「明らかな敵意をもって獄内へ侵入!!目的は不明!!!」





―――LEVEL4
看守「指示をお願いします…くわァ!!」
ハンニャバル『終わった…!!私の人生は終わった…いや違う!!!』
        『これは始まりだ!!署長になれない私の人生が…』
        『今…始まりマッシュ』
看守「副署長お気を確かに!!」

542-3

ハンニャバル「LEVEL4“麦わらのルフィ”…!!LEVEL2“道化のバギー”…!!」
        「正面入口に七武海“黒ひげ”!!!」
        「こんなもの…!!!何からどう手をつければいいのだ…!!!」
        「モニター室へ戻っておかきを食べないか」
看守「お気を確かに!!インペルダウンを守るのです!!」
ハンニャバル「お前 責任がないからそんな事言って!!」
マゼラン「ハンニャバル!!聞こえるか」
ハンニャバル「あ!!…マ…マゼラン署長ですか!!今どこに!?」
マゼラン「今LEVEL2だ 暴れだしたバカ共の処置を終えた」
ハンニャバル「え!!?」
マゼラン「この階は出口も塞ぎ直 全員が動けなくなる」


囚人「キャプテン・バギー!!通路に毒の塊が!!」
バギー「おのれマゼランめ!!!姑息な!!!」
Mr,3「このままではマズイガネ~~~っ!!!」


マゼラン「“黒ひげ”の襲撃の意味は全くわからんが」
     「不本意ながら…苦肉な策でもう手は打ってある」
     「“海軍本部”に援軍は頼めない我々だけでなんとしても切り抜ける」
     「お前たちはLEVEL4の鎮圧に全力を注げ!!」
     「程なくLEVEL4へ向かう」
     「おれが行くまで持ち堪えろ…!!!」

ハンニャバル「ウォォォォォォ署長~~~~!!!」
        「ヘイっ!!署長っ!!署長っ!!署長っ!!」
看守「早く行きましょう!」




―――LEVEL6無間地獄
シリュウ「あァ懲りたぜさすがに…」
     「無限の退屈ってのは死にたくなる」
     「だが都合よく働かせて…」 
     「また檻へ帰れってのはねェんだろうな」
     「マゼラン」
マゼラン「お前は死刑囚“宣告猶予”だ次はないぞ」
シリュウ「アァ確かに…肝に銘じとくよ」
看守「刀ですシリュウ看守長」
マゼラン「“黒ひげ”を任せる」
シリュウ「了解」ガチャ
シリュウ「刀か…久しぶりだ」
看守「!?」

542-4

   「ギャアァアァア…」
シリュウ「斬捨て御免…」



―――LEVEL4焦熱地獄
ルフィ「カニちゃん!!レベル3へ行く階段はどっちだ!?」
イナズマ「左へ!!」
看守「看守室がやられた!!」
   「鍵を奪われたぞーー!!!」
ニューカマー住民「逃げてェ奴ァ檻を出ろ!!」
          「脱獄の大チャンスよ!!一緒に行きましょ!!」
囚人「うほーーっ 逃がしてくれんのかよ!!」
   「うわっ!!ブルゴリだ!!!」
   「ぐわあああああ~~~!」
サルデス「暴れろ!!ブルゴリ!!」
看守「サルデス牢番長!!頼みます!!!」
   「ブルゴリ!!あの顔巨大化オカマ王もやっつけてくれ!!!」
イワンコフ「巨大化じゃナッシブル!!!“顔面成長ホルモン”!!!」
看守「ブルゴリ!!!やっちまえ!!!」
イワンコフ「“地獄の”!!!」
      「“WINK”!!!」
看守「ううわァ~~~っ!!」
   「ブルゴリ軍団が一撃された!!!」
   「意味がわからん!!何だアレは!!」

イワンコフ「麦わらボーイ!!」
      「ヴァナタ立ち止まっちゃダメよ!!」
      「後ろの事はヴァターシ達に任せて!!どんどん前へ!!どんどん上へ!!進みなさい!!お行き!!」
ルフィ「うんわかったありがとう!!」
ニューカマー住民「うわぁぁぁ~~~!!」
           「獄卒獣だァ~~~!!!」
           「3人もいるぞ!!!」
看守「やったァ!!援軍だァ!!サディちゃん達が来た!!」
ジンベエ「ルフィ君行くぞ!!わしが補佐する!!」
     「陸上戦ではわしなど余り力になれんが」
ルフィ「そうか!?充分強ェのに!?」
サディ「さァ行っちゃうのよ!!!獄卒獣達!!」
ニューカマー住民「ぐわぁぁぁ~~!!」
           「ぎゃああああ!~~!」
クロコダイル「貧弱共が…」
囚人「ぐあァ~~!ダメだ!!!強すぎる!!!」
   「銃も大砲も効かねェ!!」
   「助けて~~!!」
   「ムリだ戦うな退けェ!!」
   「うおォ~!みんな死んじまう!!!」
   「ブルゴリの比じゃねェ逃げろォ!!」
サディ「う~~~~んたまんないその悲鳴ハート」
囚人「ぎゃああああ!!!」
   「助けてくれ~~!殺される~~~~!!!」
ルフィ「ギア“3”!!」
    「“ゴムゴムの”…!!!“巨人の”」
ジンベエ「魚人空手“五千枚瓦”」
クロコダイル「……」
看守「やっちまえ獄卒獣~~~!!!」

ジンベエ「”正拳”!!!」
ルフィ「“銃”!!!」
クロコダイル「“砂嵐”!!!」
獄卒獣「……!!」
     「………!!」
    「……!!」
看守「ええ~~~~っ!!」
サディ「きゃああああ!!!」

終わり



感想
最近本当にONE PIECE盛り上がってますよね。
黒髭は何のためにインペルダウンに来たんでしょう?
シリュウも仲間に?全く先が読めないですが
やっぱり七武会に入ったのはただの踏み台に過ぎなかったんですね・・・。
来週も楽しみです。




人気ブログランキングへ
今日のブログランキングは!?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://11kuro30.blog85.fc2.com/tb.php/24-17165f7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。