FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルージさん台詞考察(アンチ側) 

カテゴリ:ウルージさん

ウルージさん台詞考察(アンチ側)

ウルージさんwikiより転載

あくまでもこれはウルージさんのアンチの戯言に過ぎないが、見てみなされ。


  • 「怪僧が暴れているぞ!」

  • 世間一般の人からも罵声を浴びせられている一コマ。市民からの人気の無さが伺える。




  • 「命を拾いなさったな…マスクの人」

  • 一海賊団の戦闘員と互角の低い戦闘力を見せつけた場面。当のウルージは能力者にも関わらず、生身であると思われるキラーと対等であったことから、ウルージのセンスの無さと、能力を持っていても相手に傷一つつけられない軟弱さが見て分かる。




  • 「ヒザをついてやり過ごす以外になかろう 」

  • 天竜人に逆らうこともできず、周りの人にならって膝をついているウルージ。
    膝をつく行為そのものが下手に出ることであることは承知のはずである。仮にも略奪者である彼にはプライドはあるのかと問いたい



  • 「おーおー 好き勝手やりなさる・・・!!」

  • 天竜人に聞こえない距離を保ちつつの発言。仮にも僧正である彼は、天竜人を恐れるあまり罪もなき一般市民を守ることもできずにぼやくことしかできていない状況




  • 「船長の度量が伺えるな……」

  • 一介の剣士をみただけで船長であるルフィの像をあてずっぽうで予想している場面。適当なこと言ってんじゃねーよww




  • 「ハタ迷惑な一味だ…!」

  • ハタ迷惑なのはお前ww




  • 「「大将」ばかり警戒していた・・・!!」

  • この発言より、海軍本部が近い泡島に、七武海がいつ来ておかしくない状況をルーキー内で唯一予想できない低能ぷりが伺える。くまにすらダメージを与えられないウルージが大将に勝つことは不可能だとわかるのはもう少し先のコマである。




  • 「・・・何と言う悲運・・・!!前方に「海軍大将」・・・「後方に七武海」 ゼェ・・・ここまでか・・・!?」

  • この台詞にある「ここまでか」とは、当然ながら自分の寿命を感じ取った弱者の発言である。ここですでに諦めの発言をしていることからガッツのなさがよくわかる




  • 「敵ながら冗談でもありがたい・・・・・・・・・!!」

  • あまりの敵の強さに感服しているウルージはホーキンスの慰めを占いだと勘違いし、勝手に元気づいている場面。いかにお門違いのキャラクターかよくわかると思う。




  • 「さて本当に・・・希望はあるのかどうか・・・ ボチボチ反撃してみよう・・・!!!」

  • ホーキンスの慰めで勝手に元気づいたウルージが調子に乗って戦闘を再開する場面。当然このあと一撃で戦闘不能になる醜態を読者に晒すことになるのだが、四人の船長が黄猿の攻撃で痛がっているコマで唯一気絶しているウルージはかなり笑えるので必見である。



人気ブログランキングへ
是非押してください♪




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://11kuro30.blog85.fc2.com/tb.php/36-c41ba2bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。